親父に贈る歌をCDに。

 お葬式に流す歌を選んでおります。






よく親しい友人や親しいお客様に「親父の悪口」を言ったものでした。
親父にも辛い言葉を吐いた記憶ばかりです。

きっと寂しかったはず、あれだけ一人になるのを嫌う人だったから。
23年もよく我慢したものだと思うようになりました。

三京の洋ちゃんという親友が親父にはいます。
ずっと、ずっと見舞いに通ってくれました。三日にあけず、親父を訪ねてくれました。
40歳を過ぎた私は、ようやくこのような親友を得た親父がうらやましく思うようになりました。
生前は大変お世話になりました。三京の洋ちゃん、ありがとうございました。

明るくて、いつも楽しく、笑わせてもらったよとよく昔を知るお客様から聞きます。
そう、親父には人を明るくさせ、包み込む大らかさがあったと思います。
真似出来ない、親父の偉大なところだと思うようになりました。
親父を愛してくれたお客様には、親父が書くから喜んでもらえる字があったのです。
人を楽しませる事の出来る人間が書く文字が悪いはずがない。

亡くなってから、こんなことに気がつくとは。

私も人を楽しくさせられる看板を作って行きたいと思います。

もしももう一度あなたに会えるなら、ありがとうござました。そして、ごめんなさい。と言いたい。あなたの息子として、もっと人に優しく接していきます。





関連する記事
コメント
ラルちゃんへ
弔電、ありがとうございました。
はい。そんな歳になって来たんだなぁと覚悟しています。
安心して、お別れ出来る人になれるよう頑張ります。

親父がこんなにも私の中にいたとは・・・。

  • あいお
  • 2010/12/11 2:51 PM
僕もスタレビの歌のなかでこれが一番好きですよ。
お互いこれからは、だんだん別れの多くなる年頃ですね。
あいおさんの心の中の思い出とともに。
心からお父様のご冥福をお祈り申し上げます。
  • ramba_ral
  • 2010/12/10 9:30 PM
HABA-CHANさんへ
そう。歳をとることでしかわからないこともあるんですね。
私は今とても気分がいいです。
私が目標としている看板屋像は、親父に近かった事を知ったので。
真似出来ない親父の偉大さをつくづく感じます。

今度、一緒に歌いましょうね。泣きながら。笑
  • あいお
  • 2010/12/04 12:27 AM
遅くなりましたが
お父様のご冥福を、お祈りいたします。

うちは来春、七回忌を迎えます。やっと最近、
憎しみやら感謝やらがこんがらかっていましたが、
自然に手を合わせれるようになりました。
これも歳とったってことですわ。

ところで要さんの曲には泣かされます。舞鶴でも
少ない観客の中、アンコール約1時間。
また機会があれば一緒に歌いましょか。
  • HABA-CHAN
  • 2010/12/03 11:17 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

最近の写真

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:110 最後に更新した日:2015/04/13

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM