iPhoneのアプリ「360 Panorama」

61

iPhoneのアプリ「360 Panorama」で撮影したうちのアトリエです。
狭いですが、楽しいアトリエです。

Facebookのファンページ開設

 気になっていたFacebookのファンページを開設してみました。


ツイッターとMixiを併せもったものでしょうか。
使い方によっては、とても面白い媒体になりますね。

こちらで今回の息子との二人旅を発信して行こうかと思っています。
お楽しみに。


年末年始の休暇のご案内

 年末年始の休暇のご案内

12/28(火)〜1/5(水)
はお休みとさせていただきます。

息子と旅に出てきます。

旅先よりからこちらがツイッターにアップするかもしれません。
お楽しみに!

よろしくお願い致します。

増子看板店


俺の父ちゃん看板屋

 看板屋の動画を探していたら、素敵な歌と出会った。



私の親父はまだ元気です。

茨城でひらかたと言えば、平潟になってしまいますけど。

実家の解体

 長年住み慣れた実家の解体工事が始まった。 

三男の弟が生まれた年に建てられた実家です。 
私が小学5年生でした。 
生まれて初めて、新築の家に住んだときの感動は忘れない。 
畳のい草の香りが部屋中を包み、心地よかったことを鮮明に覚えている。 

その家で、親父・母親・兄妹9人で暮らしたのだ。 

その家の中心は、母親で、遊びにかまけて、親父は帰ってくるのはいつも深夜。仕事もろくにせず、遊んでいる親父がたまらなく嫌だった。 

農家の本家の手伝いに、母親は毎日通い、野菜と米をもらっていた。 
いくらも家にお金を入れない親父。 
大きくなるにつれ、私は親父を憎悪した。 
そして、その父も50歳になって、不摂生から糖尿病で倒れ、病院に入院。 

そして、私が跡を次いだ。 
22歳だった。親父が残してくれていたのは、借金と仕事先のお客様でした。 

親父はとうとうそれから仕事には復帰せず、ずっと病院暮らしで、今も 
グループホームに入院して、透析を受けている。 
帰ってくるたびに、可愛い親父になっていく。 

それから24年、母親や弟、弟妹と一緒に看板屋をやってきた。 
片腕になってくれた二男の弟は34歳の若さで亡くなった。 
妹達は、皆嫁いだ。 
私も結婚し、二人の子供を持つ父親となった。 

年ごとに弱る母親が実家を守ってきた。 

実家の脇に、自分で住まいと工房合わせたの小さな家を建てはじめた。 
母親と一緒に住めるようにと、二世帯住宅の形で建てたが、その母親は土台を 
見ただけで、一昨年の暮れに他界した。 

それから、実家には誰一人と住む者はいなくなった。 

解体を決めてから、兄弟みんなで片付けをした。 
沢山の写真・アルバムが、各自兄弟の家と散って行った。 

そして、解体が始まった。 

母親と兄妹で暮らした家は、あっという間に壊されていく。 

解体していく家の写真を撮りながら、母親の笑顔と怒った顔がよみがえって来た。 

この解体で私の人生の一区切りがついたように思えた。 


これからが勝負だ。


こんなところで仕事しています。

自宅

高所作業車を借りたので、息子を乗せて、自宅兼アトリエを撮影。

こんなところで、のんびり仕事をしています。

相変わらず、片付いていません。



奥の水平線が太平洋です。


息子が早く降りようと、びびっています。

看板屋になると言う割には情けない!!


FAX番号が新しくなりました。

やっとFAX番号が新しくなりました。

FAX 0294-33-5746

お問い合わせページ
http://www.mashikokanban.com/fax.html

フリーダイヤル 0120-426-731

当たり前のサービスがやっと整ってきた感じです。
お問い合わせ、待っております。

ひかり電話にしましたので、メールでFAXが届きましたとお知らせが入り、
受信FAX内容はtifの画像で見ることが出来ます。ペーパーレスです。

難点は、いちいち内容確認にその置いてあるページにIDとパスワードを打ち込んで、見に行かないといけないこと。少しやってみて、違和感があったら直そうっと。

今年、お正月に決めたフリーダイヤルとFAX番号導入にこぎつけました。



とある掲示板に書いてみた。

こんな文章をとある掲示板に書いてみた。

---------------------------------------------------------------------------------
 
暇には暇の理由があり、忙しいには忙しい理由があり、
儲かっているところは。儲かるための行動があります。

自分の会社の暇の理由を箇条書きに書き記してみては。
●営業していない。
●DMをだしていない。
●広告していない。
●材料購入先を変えていない。
●既存客に企画を出していない。
●情報を集めていない。
●お客様と喧嘩してしまう。
●隣の芝生が青く見えてしまう。
●安く見積もりをだしてもこない。
●見積もりの数も少なくなった。
ないないという言葉が続きませんか。

儲かっていそうな会社見つけ、自分とは違うところを探してみる。
●スタッフが大勢いて、機動力がありそう。
●多く購入しているから、材料が安く入っていそう。
●HPを活用していそう。
●よく自社の野立看板を出している。
●媒体を持っている。
●JCやいろいろな会に顔を出していて、知名度がありそう。
●デザインがいい。
●新しい機械を導入している。
●タウンページにお金をかけている。
●LEDやネオンに強い。
●同業者の悪口を聞かない。
●いつも明るく、前向きに取り組んでいそう。
●よく情報誌に広告をだしている。

そして、最も書いてもらいたいのは、自分の強みを再認識することです。
●お客様のとの会話を大切にする。
●スピードのある対応が得意である。
●現場で絵や文字がちょっと描ける。
●イラレが得意。
●看板・名刺・チラシ・HPの活用を総合的に活用出来る。
●HPからの問い合わせ数が増えた。
●お客様からの紹介が増えた。
●ターゲットを決めて、計画を立て、攻められるようになった。
●継続・永続するという気持ちが固まった。
●だから、焦らなくなった。
●友達・仲間・お客様が増えた。
●息子が日に日に成長し、説教されるようになった。
●資格を取る努力を惜しまなくなった。
●目先のお金・仕事に左右されなくなった。
●仕事を出したい、出してもきっと良い仕事をしてくれる仲間が
私には沢山いると自慢できるようになった。
●奥様の言葉・行動が厳しくなり、ちょっと辛いがまだ我慢出来る。

これもきっと、言葉遊びと思われちゃうのかもしれないが、
同じベクトルを向いている看板屋さんには伝わるかと思って書いています。
ずっとこの看板で、お客様に役に立っていて、仕事をし続けたいと思っています。

是非、書いて見て下さい。何かに役に立つ文章になるはずです。

---------------------------------------------------------------------------------

これは、同友会の経営指針という勉強会でやっていることと同じことを書いています。
今の本当の自分を見つけだす一つの方法です。
自分という主観でしかない見方ですが、まずはそこから始めるしかないんです。

悪口や批評を言ってくれる他人様を私は仲間と思っています。
そのきつく、暖かい言葉を素直に受け止められる人になってゆきたい。

アトリエマドレーヌさんのお手伝い

 お友達でもあり、お得意様でもあるアトリエマドレーヌさんのお手伝いをしてきました。


看板の打ち合わせに行ったところ、流石!増子さん、ちょうど良いときに来た!
との一声で、出迎えてもらいました。

と言うことは、私にとっては、あまり良いタイミングではないことかなぁと・・・。笑

2月14日バレンタインに向けてのチョコレートの仕込中。

ランゴ ショコラというチョコレートの生地を作りを今からはじめようとしていたところでした。

これが、もう力仕事でしかないんです。ボール一杯のチョコレートを懸命に混ぜるのみ。

ケーキ・お菓子を趣味にしていた時もあった私ですから、良いところを見せようと頑張りました。




ランゴ ショコラはチョコレートの金塊という意味で、中にはマカダミアンナッツ、クルミ、マシュマロ
が入ってます。

レシピ通りに、正確に、計測しながら混ぜていくのですね。こんなに細かいお仕事とは思いませんでした。

混ぜるだけでしたので、本当に役に立ったかは疑問ですが、仲間だからこそ、このような体験をさせてもらえることに嬉しく思いました。

腕はパンパンになりました。笑



看板屋ばかりの新年会

16日は、栃木の看板屋さんで、若くして亡くなられた友人の命日で、お墓参りに行ってきました。
息子と一緒に、常磐線・水戸線・両毛線・東武佐野線を乗り継ぐ、小旅行という感じです。
実家で、大阪・東京の友人二人と落ち合い、一緒にお墓へ。

「まめさんまた来たよ。みんな元気にしているよ。でも、ずっと両親・奥様・子供達を見守ってあげてね。」と心でつぶやきながら、お線香を上げ、手を合わせてきました。



それから、東京までWebで知り合いになった同業者の看板屋さん達の新年会に、息子と参加してきました。いわゆるオフ会というやつです。

あらかた顔なじみの方たちなので、楽しい宴会となりました。
個性的な人ばかりですので、話し込むと長い長い。くどいくどい。私もですが。
いろいろな仕事でのヒント・刺激をもらえ、本当に、再起動したという感じです。
前向きに、一つ一つ丁寧に、着実に、進んで生きたいものです。

息子は、カラオケで、マイクを離さず、ずっと歌っていました。笑

翌日は、大阪の友達のデキシーさんと一緒に、平和祈念展示資料館で、平和を祈り、
中野ブロードウェイで、平和を感じ、
東京都現代美術館で井上雄彦氏の描かれた武蔵に圧倒されて帰ってきました。

懸命に生きてこそ、辛くても楽しいのだ。前向きに、何事にも取り組んでいこうと思う。

まずは、フリーダイヤルにして、電気工事士


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近の写真

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:110 最後に更新した日:2015/04/13

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM